自宅皮下点滴のこと。

2018/03/22 Thu 20:52

今日は、ももが病院での皮下点滴から

自宅皮下点滴へ切り替えた経緯や、お金のことを書きます。

とっても、長いので読み逃げ推奨です。^^


DSCN2653_01_201801142035100cf.jpg

現在の、皮下点滴の様子。


ももは、自宅での皮下点滴をしてますが

通常なら病院でするものとされてます。


うちのかかりつけ医の場合は

・毎日や数日おきに通院するのが困難(自宅が遠方とか、車がないとか)

・ひんぱんな通院による猫への過大なるストレス

・金銭的な多大なる負担。

・・・などの理由から

ちゃんと病院で指導を受け、適切な状態で出来ることが条件でもあります。


私の場合は、前・病院で指導を受けて皮下点滴もしていたので

現・病院では、指導は受けることなく許可していただきました。



一応、医療行為なので、それを何の設備もない一般家庭ですることは

許可してくれない病院もあります。

まあ、確かに医療行為ですから

そうは簡単に信用してもらえなくて当たり前。

なにかあった場合、医師の責任にもなりかねません。


ちなみに、前・病院では (3件目の病院)

「慢性腎不全だけど、思うところあって転院してきました」

と、伝えた初診の時にすでに「自宅皮下点滴も出来ますよ」と

聞かなくても言っていただけました。


そんな簡単に許可しちゃっていいの?って

少し拍子抜けするくらい簡単に。。


そしてその病院から、またしても「思うところあって転院」したのが

現在の病院・・・ももの猫生、4件目の病院です。

こちらの病院へ転院したころは

ももの自宅皮下点滴歴も、2年以上でしたので

それまでの経緯、現在の状況を説明しただけで、

自宅皮下点滴の許可をしていただけました。



当初は、ソルラクト250ml入りを、

1日1本を2日続けて3日目は休みというサイクルでしたが

ソルラクトは500ml入りもあるので、取り扱いはなかった病院さんでしたが

ご相談申し上げ、現在の500mlになりました(点滴サイクル・量は変わらず)

というのも、値段的に違うんですよね。


250ml入りは、1袋350円、500ml入りは、1袋500円と (全て税別)

数がまとまればまとまるほど、かかる費用もかなり違ってきます。


で、ももの現在の自宅皮下点滴にかかるお金ですが 

ソルラクト500ml入 1袋500円×20袋(60日分) = 10,000円

輸液チューブ 1本200円×20本(2回で1本使う) =  4,000円

針 21号 20円×40本(40回60日分)      = 800円

2ヶ月分で、合計14,800円(税別)となります。


ちなみに、ソルラクト250ml入だと

1袋350円×40袋(60日分) = 14,000円

2ヶ月で、4,000円の違いは大きい。


多分、病院でしていただくと

1回あたり、2,000~3,500円くらいでしょうか。

安くて1回2,000円 

自宅だと1回 ソルラクト250円+チューブ100円(2日で1本なので半額)+針20円=370円

かなり違ってきます。


一番は、お財布に優しいことですが

なにより猫さんのストレスが、大いに軽減できるのも大切なことです。


今年の夏で、自宅皮下点滴を初めて5年がたちます。

慢性腎不全は、長期にわたる場合が多いので

有効な処置として皮下点滴はとても大切。


自宅での皮下点滴は、猫も飼い主も慣れてないので

最初はうまくできなくて当たり前!

私も、今のようなラクな状態になるまでに数か月かかりましたが

なんとか5年も続けていられます。


上手に病気と付き合って、向かい合って過ごすことが出来るようになれば

頑張りがいもあると思います。

腎不全の猫ちゃん、飼い主さん・・ 

頑張ってください。



自宅皮下点滴をはじめて3ヶ月目。(2013年10月頃)

ももの樹。 
 写真・下が私の手。
 写真・上の手はもものノドを撫でてます。 ←ご機嫌とり♪




ももの樹。

当時は、逃亡や暴れることを防止するために

下半身(手足)が自由にならないように、洗濯ネットに入れてました。

ちなみに、ももを乗せてる台も少し高さがあって

猫が、手足が自由にならない状態で

飛び降りるのに、ちょっと躊躇する高さです(70cmくらい)


そういえば、こんなことになってたことも・・

ももの樹。 
  2013年7月頃


皮下点滴しやすいように、針が差しやすいようにと

病院で毛刈りされました。


ただのサマーカットならいいけど

皮下点滴の為に刈られた背中を見た時は、

可哀想すぎて泣けたけど

これがあったから、今があるんだと思います。



そんなこんなで始めた自宅皮下点滴。

出来る限り続けていきたいと思っています。(*^-^*)




    
腎不全・・・あれこれ | コメント(7)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ももちゃん、ホントいい子ちゃんで、エライと思います。
賢いから、大丈夫なの判ってるのね。
うちの春ちゃんも、大人しくしてたけど、ももちゃんみたいにフリーではダメだったもの。
自宅点滴は、猫ちゃんのためには、すごくいいこと。病院に行くだけでストレスなのに、そこで、じっとさせられ我慢しなくちゃいけないもの。
毛が刈られた姿は、私も悲しくなりました。
そんな必要ないのにね。
お医者さんに因って本当に違いがあって、それを見極めるのは飼い主の責任ですね。
ももちゃんはとっても幸せですね♪
我が家も、近場でいい病院探さなくちゃ。
良は以前のとこに連れて行けるけど、他の子たちは無理だから~。

出来るだけ、ニャンのストレスにならない生活を送らせてあげたいですね。
No title
ひかりさん、ももさんへの愛を感じます
愛情ってあたたかいものですね~
そしてときにお金もかかる・・・
それはゆずの検査や治療などで知っていますが・・・
本当にかかる^^;

ももさんが今じょうずに皮下点滴を受けられるのも
ひかりさんの試行錯誤と努力の賜物なんですね♪
背中の毛を剃られてしまった写真・・・
切ない(;´・ω・)
でも、おっしゃる通り・・・
「今」があって、それが大切なことと痛感します

これから暖かい過ごしやすい季節
ひかりさん、ももさん、春のお散歩が楽しめる季節ですね♪
No title
今や 皮下輸液のプロですから、
こうやって書くことで 自宅輸液を 躊躇されている飼い主さんのお役にたつと思います~~~。

仕事で忙しくて病院に行く時間がなくて できない場合も 自宅なら 夜中でもできますから。

私もいずれ第二世代のおじいさん猫の輸液の日々もやってくるはずです。
15年以上ぶりだと 多少緊張するかも・・・

No title
始められた頃の事を思い出しました。
そして内容は違うけど、私も先代の鈴に薬を飲ませるのに
上手く出来なくて泣いた事とかのブログに、ひかりさんが
アドバイスをくださった事も覚えています。
ひかりさんのブログは本当に心強いです(*^_^*)
No title
こんばんは~。
最初はいろいろとご苦労もあったと思いますが、現在はスムーズに皮下点滴されていますよね♪
私は今それが一番不安です。
わ子もいづれ点滴になると思うので・・
超神経質なわ子に点滴できるのか?(-_-;)
費用もかかりますね。

ひかりさんの頑張りには頭が下がります。
ももちゃんが元気なのがとっても嬉しいです。
みんなの励みになっていると思います。(^-^)
No title
皮下輸液、最近はどうも家ではうまくいかなくなっちゃてて、猫と人間双方のストレス解消に病院でしてもらってますの。まあ、猫からしたらストレス解消にはなってないかもしれないけど、幸い、今は週に1回のペースなので我慢して頂いてます。

家でした方が安いんだけどねー。
しかし、ソルラクト500mlで500円ですか!いいなあ、そのお値段。うちのかかりつけだと1620円です。1回の消費量が100~120mlなのでひと月はもつんですけどね・・・

管理者のみに表示