自宅皮下点滴のススメ。

2016/02/24 Wed 20:30

ももは慢性腎不全と診断されて、3年4ヶ月が経ちます。

そして、自宅での皮下点滴をはじめて、2年8ヶ月が経ちます。


慢性腎不全は、完治がない病気ですが、

進行を遅らせることができます。


その腎不全に一番効果があるのは、皮下点滴だと云われてます。(皮下輸液ともいいます)


私は今まで、セカンドオピニオンを含めて、

5件の動物病院を渡り歩きましたが、

全ての医師が、そうおっしゃいました。


血液検査で、慢性腎不全までは、進んでない腎機能低下クラスの数値だと

病院などで販売されている、いわゆる特別療法食を与えることで

標準値内に戻ることが多い。

(特別療法食・・ロイヤルカナン:腎臓サポート、ヒルズ:k/d、ドクターズケア:キドニーケアなど)

その後は、定期的な検査を受けながらの処置になると思います。


でも、明らかに慢性腎不全の数値になってしまった場合

皮下点滴が有効なわけですが

当たり前だけど・・ 病院が好きな仔なんているわけない。


皮下点滴が必要な場合

最初は、ある程度の数値に下がるまで

毎日、通院での皮下点滴される場合が多いみたいです。

かなり高い数値の場合だと(BUNが、100以上とか)

入院しての静脈点滴(入院しないとできません)をされる場合もありますが

大抵は、週に何日とか通院が必要になりますが

本猫さんにとってかなりストレスです。


ももの場合、病院では怒りっぱなし・・

皮下点滴するときも、ずっと唸って怒りっぱなしでしたので

タオルで全身を覆っての点滴でした。


そんな点滴だったせいか、当初、血液検査の結果はどんどん悪くなりなりました。

この時、ストレスってこんなに左右するものだということ思い知りました。

(通院によるストレスしか、原因が考えられなかった)

で、思い切って自宅点滴に切り替えたわけです。


元々、そのころ通院していた病院は

最初っから、自宅点滴を薦める病院だったので

私も、皮下点滴のレクチャーを数回受け

自宅点滴に切り替えました。


病院では、怒りっぱなしで緊張感で張りつめた皮下点滴でしたが

自宅皮下点滴を初めてほどなく

ももの体を保定しなくても大丈夫なくらい安定して安心して

出来るようになりました。

 こんな感じでやってます → 過去記事



DSCN4491_01.jpg


金額的には、病院だと2,000~3,500円くらいでしょうか

自宅ですれば・・

ソルラクト   1回あたり 250円 (500ml・1本500円を2回使うので)

輸液チューブ 1回当たり 100円 (1本200円ですが2回使うので)

針        1本      20円

250円+100円+20円 = 合計:370円(税別) で、できます。 (もものかかりつけ医の場合)


病院でするより、格段にストレスが軽減される自宅での皮下点滴。

お財布にもとても優しい

これだったら、なにも病院でやってもらう事なんてないですよね。



DSCN5057_01.jpg DSCN5138_01.jpg

ソルラクト(左・250ml 右・500ml)       右上・ソルラクト 左上・輸液チューブ 下・注射針

ソルラクト 500mlは、去年の秋頃に
ちょっと可愛いピンクのパッケージに変わったみたいです。


  
DSCN5062_01_2016022116461250e.jpg

ソルラクトの組成
 (栄養剤ではないのでご注意を・・)


もちろん、病院によっては

「針を使う医療行為を、シロウトに許可するなんてとんでもない」

・・という考えの病院もあります。

確かに分かりますが、私たち当事者にしてみれば

もう少し、患者立場になって考えていただけるくらいの

柔軟さはあってもいいんじゃないかと思います。


でも、最近では許可される病院も多いようなので

かかりつけ医で問い合わせたり

転院するのもお勧めです。


ただね。

猫さんによっては、病院ではすごくおとなしく点滴してる仔でも

家でやるとなると、すごく怒る子もいるそうです。

これは、病院では怖くて怖くて、動けなくなっちゃうからおとなしくなるだけで

それを家でもやろうとすると

「あんな怖い病院と同じことするの!!」って怒る子もいるようです。

でも、そこは猫さんと飼い主さんの根比べ。

どうか負けずに頑張っていただきたいです。


DSCN4554_01_20160102171312bad.jpg

みんニャ~ 一緒に頑張るニャよ  p(*^-^*)q
 

ももの病気の話になると、どうしても語りたくなってしまいます。

いろんな考えがあると思いますが、これが私の考えです。



※私の経験談を書きましたので
 全てが当てはまらない場合もあることをご了承ください。





         ブログ村のこちらのカテゴリーに参加してます
       ↓          ↓          ↓


がんばるニャン ありがとニャン まけないニャン 
                   応援☆ぽちっとお願いします。
腎不全・・・あれこれ | コメント(4)
コメント
No title
十猫十色 
いろんな方法があっていいと思います
どれが正解かといえば すべて正解だと思います^^
家庭環境や状況 猫ちゃんの性格 いろいろですもん^^
ただ ももちゃんは ひかりさんが根気よく いい方法を探し出してくれて
幸せニャンコってことです^^
ひかりさん、ももさんの病気のことを読むと、ひかりさんのたくさんの愛情を感じます
ももさんは幸せだなぁ…ひかりさんと一緒にいられて( ^ω^ )
いろいろな考え方があっていいと思います
そしてそれらはみんな正解だとも思っています

ももさんのことを語り出すと止まらなくなる…
ひかりさん、存分にお書きくださいね!(^^)
泣いたり笑ったり、楽しんだり心配したりしながら、いつも読ませていただいております☆
No title
おっしゃる通りです~~。
自宅皮下輸液をして自宅でのケアをする方が
増えることを切に願います。
『できない』ではなく、やってほしいものです。

そういえば、もう3年ほど 輸液を見ていないので、
ソルラクトのパッケージがピンクに変わったなんて、
驚いちゃいました。
No title
ももちゃんのストレスを考えると「家で」の選択は
正しいと思います。
そして、ひかりさんとももちゃんの信頼関係。
これが無いと家でも嫌がりますよね。
あらためて、読んで二人の絆を感じました(*^^*)

管理者のみに表示