風太君。

2014/12/07 Sun 15:56

ここ数日チラチラしてた雪は降らず

でも、相変わらず寒さは厳しい・・・


そんな時は・・・



ももの樹。

寝てるに決まってるニョよ。


はい。

今日もほとんど動きはなし。



ちなみに、ももがいるこの場所は・・


ももの樹。

カマクラではなくお布団です。


このあと、上の布団は閉じられ

ももさん、長~いお昼寝に突入されました。




・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・




そして、ここから私事になります・・・


私が、FC2ブログ開設当時から大切に思ってきた

ブログ 『ながいしっぽ』 ふ~ままさんの愛猫・風太くん(ふうたくん)が、

6才3ヶ月で、昨夕(12月6日) 天国に召されました。


生後間もなく、野良猫だった母猫さんに置き去りにされた風太君。

当時、猫が苦手だったふ~ままさんが保護されて

生後数日目から、大切に育てていらっしゃった風太君。

でも、1歳のお誕生日直後に、猫白血病ウイルス感染症を発症。

一時は重篤な状態にも陥りましたが、ふ~ままさんの手厚いケアのおかげで持ち直し

それからは、ずっと元気で過ごしてました。


 ↓写真はお借りしました。
風太君はすごく頑張りました。

つい一ヶ月前も、こんな風に、元気に秋を満喫してました。



でも、数日前からの食欲不振を心配しての、血液検査が悪く・・

だけど、奇跡を信じて頑張ってた、風太君とふ~ままさんだったのに・・・

奇跡はおこりませんでした。

ふ~ままさんには、ももが腎不全と診断された時もたくさん励ましていただいて

風太君の頑張りに負けないように、ももも頑張ろうねっていつも言い聞かせてました。


あんなに元気だった風太君だから、

もしかして、白血病は消えてなくなってしまったんじゃないかと思ってました。

きっとこのまま、猫生を全うして長寿ねこさんも夢じゃないと思うくらい元気だったのに。

あまりに突然の訃報に・・ 悲しくて・・悲しくて・・

こうしてこの記事を書いてる今も信じられずにいます。

風太君には、特に思い入れがありました。



風太君、ありがとうね。

風太君・・今までたくさんの癒しと元気をありがとうね。

とても悲しいけど

どうか、虹の橋の上でみんなを見守ってね。


風太君のご冥福をお祈りいたします。





↓  ブログ村のふたつのカテゴリーに参加してます。 ↓

ありがとニャン   がんばるニャン


未分類 | コメント(8)
コメント
No title
寒くなりましたね~。
ももちゃん、お布団でお休みでしたか~^^
我が家は、また朝はうるさく~お昼からは、こたつでした。

風太クン、可愛い猫さんですね。
大切に育てられて、きっと幸せいっぱいで天国に行ったんじゃないかな。
ご冥福をお祈りします。
No title
え…ッ!ほ、ほんとですか!?風太くん…。
虹の橋を渡ってしまったんですか…。
まだ若いのにね~…。(;_:)
ウチも初代が白血病で亡くなりましたから…。
風太くんは大丈夫かと思っていたけれど…。
言葉もありません…。
ご冥福を祈ります。
No title
寒いですねっ
ももちゃんも布団のなかですか!
うちも姿が見えないと、大抵羽毛布団の隙間に挟まってます。(*^◯^*)

風太くんの奇跡は、すでにママさんと出会えた事にあって、十分奇跡を満喫したはずです。
それでも、彼らに比べて寿命の長い私たちは、勝手にも少しでも長く生きて欲しいって思っちゃいますよね。
知らない子の話でも胸が痛いです。
ご冥福をお祈り致します。
No title
ももさん、ぬくぬくのうたた寝、幸せですね♪
冬、羽毛布団は危険地帯…
うっかり踏んづけたり出来ませんネ

風太くん、逝ってしまいました…
とても寂しいです。
まだ信じられないでいます。
No title
お布団カマクラ。。。
最高だね!
ももさん☆
絶対出たくなくなるよね〜
おぢさんもカマクラ入りたいw
No title
母猫に育ててもらえなかった...
スズと同じです。
そして白血病。
実家の猫(廉ではなく、事情があってブログに載せられない)も白血病です。
風太くんの事、他人事には思えません。
とてもとても寂しいですね...
虹の橋の向こうでも、幸せになってね
No title
お母さん猫に置き去り・・外の世界では 育たないと判断すると、子を捨てると言いますので、
風太ちゃんは それで置いてかれたのかしらね・・
6年間の短い猫生だったけれど、
お母さんと巡り合わなければ、きっと そのまま小さな命は消えていたでしょう・・。
風太ちゃんにとっての6年は すご~~く濃厚な6年だったのでしょうね。
でも・・看取るのは 辛いことに違いないから、
ふ-まま さんの心中を考えると、自分のときの地獄が思いだされて、胸が痛いです。
No title
お母さんに置き去りにされて…でも
ステキな飼い主さんと共に過ごしたネコ生は
幸せだったことでしょうね。
ふ~ママさんの悲しみや喪失感を思うと心が痛くなります。
きっと、今頃はうちのCOCOが 「遊ぼうジェ~!!」って誘いに行ってるかも。
ふーたくんのご冥福を心よりお祈りいたします。

管理者のみに表示