小指の思い出。

2012/12/02 Sun 17:10

これは昨夜のお話。



ももの樹。 

実はね。

ももに、ちょっとお話があるんですよ。


これなんですけどね。



ももの樹。 

これはニャンですか?


これはね。

遊んでいたももがちょっとびっくりして、思いっきり噛んだ代償です。



ももの樹。 

全然、覚えていニャイですよ~





ももの樹。

そりゃそうだろう・・・

面白がってワザと噛んだのなら
 
現行犯で、逮捕です!!



ももの樹。 

ふ~ん。 お大事にしてくださいね。



・・・まるで、ひとごと・・・  ま、まぁそうなんだけどね・・・





と、ここまでは昨夜のお話です。


この・・ももに噛まれた私のとっても太い小指。

今日、指先2センチくらいが腫れて、押さえるとまた出血もしたのでちょっと心配になって

日曜日で休診だったけど、病院へ連絡して、診て頂きました。


そして、2日分の抗生物質の飲み薬を貰って

破傷風(はしょうふう)のワクチンをしていただきました。


猫などにかまれた場合、数週間後に、まれに破傷風を発症する事があり

1度発症すると、重篤な状態になりやすいので、念のためのワクチンです。

腫れた指は飲み薬の抗生物質が効いて、これ以上ひどくならなけれはそれで終り。

ひどくなるようだったら、また行かなくてはいけません。


今回、噛まれたのは、小指の先で爪に平行に指に貫通してしまいました。

その時点で、流水で5分ほど血液をしぼり出しながら洗い流し、消毒液をつけたのですが

毒素が、指の中に残ってしまっていたようです。



先生にも 「流水で・・・・消毒して・・」 と、お話したら


「ふふっ・・・甘いですね。

 たとえ洗い流したつもりでも、指の肉の内部に付いてしまった毒素はそう簡単には出てきません

 今、血液だと思っているものはウミであって、毒素のせいで出ているものですよ」


・・と、言われました。


たとえ飼い猫でも、毎日歯磨きしていても、100%綺麗なわけではないので

水で洗い流したり、消毒してただけでは安心できないそうです。

どの程度の傷なら大丈夫かとか?と、いうのも分からないので

出来るだけ、病院で診ていただいたほうがいいようです。



こういうお話は、よく聞くけど、

この程度の噛まれ傷なら、全然大丈夫だろうと思ってました。

だから、腫れてきてかなりびっくりして、慌てて病院へ行ったしだいです。

だってねぇ・・

まさか自分がそうなるとは思ってもいませんしね。


皆様も、たとえ飼い猫さんでも、噛まれたらその後のケアをお大事にしてくださいね。



今日のタイトルの『小指の思い出』

数十年前に大ヒットした曲のタイトルです。

『あなたが噛んだ・・小指が痛い・・・昨日の夜の小指が痛~い・・』 まさにそんな気分の私でした。 






ありがとニャン 

| コメント(15)
コメント
No title
そこまで酷くなるとは。
なんとか治まってくれればいいですが。
お大事に。
No title
そうなんですよね~
ネコの噛み傷って実はかなりやばいらしい(-_-;)
cocopapaもCOCOに思いっきり噛まれて
ヤバヤバでしたからね~。
あの時は、毎日点滴に来いって言われていたよ。
私も先日、爪だしフミフミされたところが痛んだので
腫れる前にドルマイシン(市販の頚皮吸収する化のう止め)塗りましたよ。
大好きなにゃんと共に楽しく生活するためにも
私達が気を付けていくしかないのですよね~
ひかりさん、お大事に!
早く治りますように☆彡
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
あわわ!ひかりさん、大丈夫ですか?
猫の唾液には細菌がいますから・・・。
どんなに、かわいくても注意が必要ですね。
ももちゃん、ビックリしちゃったのね。
でも、首を傾げて、かわいいなぁe-266
怒るに怒れませんね(笑)

うちは、そこまで噛まれたことはないですが、気を付けたいと思います。
お大事になさって下さいね。早く治りますように。
No title
油断大敵ですよね^^;
僕は普段から軍手するしてますが
それでもガリっとされたりしますからね^^;
その場ですぐ消毒ですw
お大事にしてくださいね。
No title
あらま、指先なんて痛いところを・・・。。
破傷風って聞いたことはあっても
そんなに深刻なものだと思っていませんでしたので
勉強になりました!
ちゃんとワクチンすれば5年~10年はもつようですね。
ももちゃん、びっくりしちゃったんですね~~。
そういうときありますよね。
しょうがない。
猫さんに罪はないのですよね。
No title
うわぁ~ 大変!!
そんなに大事になるんですね
私 クロィに噛まれてよく流血してたけど・・・
確かに消毒しても 普通の傷より治るのに時間がかかりました
むず痒い感じがいつまでもしたし・・・
やっぱり毒素が原因だったのでしょうか

小指の恋人・・・≧m≦
No title
噛まれるとそんな大変なことになることもあるんですね!
気を付けないといけませんね・・・

猫も噛む気がなくても
パニック起こして噛んでしまう時もあるでしょうし・・
そういえばキスもダメって読んだことあります。
私はしないですけど・・・
No title
お疲れ様です。

指が痛々しいことになりましたね。わたしも噛まれたら自分の病院でよく診てもらうことにします。

今日も可愛いももちゃん、驚いて噛んでしまったんだね。
早く指が治りますように。お大事に^^
No title
わぁ〜ももさん☆
ヤッちゃいましたねぇ
ガブガブじゃちゃぁ駄目ですよん

ほ〜〜そうですかぁ
結構私もニャンコ傷多いですけど
気を付けないとダメなんですね〜
懐かしいですね
小指の想い出^^
昔我が家に居たベルという子脳腫瘍で9歳で虹の橋へ・・・可哀想な子でした・・彼が闘病の時汚れたお尻洗おうとしてガッツリやられました。すぐ医者いったので腫れても大丈夫でしたけど
20歳まで生きたビビという子にも脱走した時に
後ろから尻尾つかんでやられましたけど大丈夫でした。
噛まれる事より彼捕まえたかったので;^^
お大事になさってくださいね。
犯人(猫)さん自覚は無いようですが;^^
No title
覚えていニャイですよ~
の写真が首を斜めにして可愛い~

なんてニコニコ読んでいたら...
えぇぇぇ!!
そんな大変な傷だったんですか?!
飼い猫でも気をつけないと駄目って事なんですね。
ひかりさん、お大事に!!
ももちゃんも手加減してね(^^;
No title
大丈夫ですか?
ももちゃんはきっと悪気はなかったのだと思います。
でも噛まれたら痛いですよね。
お大事になさってくださいね。
私はニャン太郎に噛まれて病院に通院したことがあります。
No title
私動物病院でうちの子の補ていしてた時に
先生を噛みつこうとしたのでとっさに先生の前に手を出してしまったら
牙にあたってしまい負傷してしまったことがあります^^;
獣医さんが慌ててまずそちらの怪我の手当を~~~と。

大した怪我でもなかったので獣医さんたら大げさ~なんて思ったのだげど
やはり念には念をなのですね。

どうぞお大事になさって下さいませね^^
いた~い!!
想像するだけで、超痛いです…

本当にお大事に☆

管理者のみに表示