歯肉炎、口内炎のこと。

2019/10/31 Thu 20:25

昨日の通院時に

ももの歯肉炎、口内炎のことも、少しお聞きしました。

一般的なウィルス性の口内炎に効く、ウィルスを減らすお薬はあるそうですが

腎不全からくる、腎不全を表す症状のひとつとしての口内炎には

効果のあるお薬はないそうです。

サプリメントで緩和される場合もあるけど

完治はしないようです。


ももの場合、痛み止めを月一で注射してもらうことになったけど

口の中の違和感は解消されないので

いわゆる、カシカシと歯ぎしりのような仕草はなくならない。


今のところ、口臭やよだれという症状は出てないので

今のままの現状を維持させるのが目標・・ってことになります。


歯肉炎、口内炎に効果のあるサプリメントも

以前、このことを記事にしたときに

皆様から、いくつかアドバイスも頂きました。

今回、先生にもお聞きして効果の期待できないものや

「犬用」とされているものを使う時は注意が必要など

いろいろお話を伺いました。


ただ、動物病院の先生方は

医薬品の専門家で、サプリメントはいわゆる専門外。

サプリメントを与えるのは、全て飼い主さんの自己責任になります。


もしかしたら、服用中の医薬品と相性が悪い成分がある場合もあるので

特に持病のある仔は成分などを

かかりつけ医に確認してから、お使いになることをお勧めします。



今年は、目の角膜が傷ついたことから始まった目の黒いシミ

心臓バイオマーカー で発覚した肥大型心筋症。

そして、今回の歯肉炎、口内炎。

持病の慢性腎不全の悪化。

猫も、年をとり持病が出てくると人間と一緒で

ケアも大変になってきます。



今回の血液検査の結果に対して

皆様には、いろいろご心配いただき、また励ましのお気持ちが

とても有り難いと思ってます。

頑張る励みになってます。(*^-^*)

今後もいろいろあると思いますが、温かい目で見守って下さいね。


さってと、明日から11月ですね~

明日は、前月の一ヶ月のまとめ「10月のまとめ。」の予定です。




       
腎不全・・・あれこれ | コメント(7)
 | HOME | Next »