大変です!

2017/11/30 Thu 20:43

大好きな人間の布団でくつろぐ・・・


DSCN1622_01_201711261626019c4.jpg

ニャに?


ももさん。


う~ん、今日も可愛いね~


DSCN1624_01.jpg

っと、ほっぺをナデナデながら

ふと、あごを見ると・・・



DSCN1633_01_20171126162603f6c.jpg

「な.. なんじゃこりゃー」(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!

・・・な黒いブツブツ。。


えーなになに?

どうしちゃったの?



DSCN1638_01.jpg

・・と、ひざの上に乗っけて

よーく観察してみる。。



DSCN1642_01_20171129204824285.jpg

ギャーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!



もちろん、ここは臭いものにフタをするような

見て見ぬフリは出来んので

速攻で、黒いブツブツを爪でこそぎ

ウエットティッシュでふき取り



DSCN1647_01_201711261626067c6.jpg

やっとこの状態。



DSCN1652_01.jpg

戦利品。


その後のももさんは・・・



DSCN1654_01_20171126162609578.jpg

ブータレて、チョイご機嫌ななめ。



DSCN1656_01_201711261626113cb.jpg

でもさー、綺麗になって良かったよ。


こじらせて、でっかいニキビになっちゃうと

直りにくいからね。



DSCN1662_01_20171126162613545.jpg

ニキビは青春のアカシにゃのよ。



いやいや、そんなこと言ってる場合じゃないんだよ。



もものあごに、まるでシャープペンシルの芯が無数に生えてる状態でした。


猫のあごには、皮脂腺があって油が出てるんですけど

それが、ホコリとかフードのカスとかがくっ付いて

こういった黒い汚れになることが多く

このままほおっておくと、いわゆるニキビ、アクネと悪化してしまうので

見つけたら、早々に取り除いて

ウエットティッシュなどで、拭いてあげて

清潔に保たなきゃいけない。


たまに、人間用のキズ消毒液などを

かなり薄めて拭く方もいらっしゃるようですが

それは、やめたほうがいいとか・・(獣医:談)

ただ、化膿していたり出血していたりする場合は

獣医さんに診ていただくことをお勧めします。



    
| コメント(11)
 | HOME | Next »