ふたりの夜。

2011/06/29 Wed 20:30

さて、寝ましょう・・

・・・と、思ってベットへ行ってみれば、



ももの樹。

ほぼ、ど真ん中に既に先客が・・

まあね・・ “早いもん勝ち” だからしょうがないわ~と思って・・・




ももの樹。 

ももの隣・・ ベットの端っこに寝させていただきました。

そして、こんな感じになりました。

( 左側の汚い足が私です。。 )



そして、そんな遠慮がちな私を尻目に、

就寝前の、お手入れを始めるももさん。


ももの樹。 

おばしゃん・・ そこにいたのかニャ。


ええ・・ももの邪魔にならないように、

端っこで、寝させていただきますよ。  (=w=;) 




ももの樹。 

いい心がけニャ・・・


・・と、毛づくろいを始めたもも。

その後、毛づくろいしまくったももは、やっとお休みのようです。




ももの樹。 

そろそろ、寝るかニャ。




ももの樹。 

明日は何時に起きればいいかニャ。


出来れば、できるだけ遅めでお願いしたいのですが・・




ももの樹。 

じゃ・・ 日の出と共に、起きる事にするニャ。


全然、人の話を聞いてない。   (ー`´ー)


Egg*Station

ももは、夜寝る時だけ、私のベットの足元付近で寝ます。


これは、仔猫のころからずっと変わっていないけど、

ただ、不思議な事に、昼間は絶対に寝ません。


本当は、足元じゃなく私の顔の横くらいで寝て欲しい・・

足元で寝られるのは、なんかちょっと淋しい気がする。


冬は寒いから布団に入って私の腕まくらで寝るくせに・・

あっ!! これってもしかして・・・

私はももに利用されてるだけって事??  (=w=;)




ももに、応援☆お願いします (=^・^=) ⇒ ありがとうございま~す
| コメント(10) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »