通院。

2019/11/17 Sun 15:14

昨日の夕方から

様子がおかしかったので病院へ行ってきました。


昨日の夕方

いつものように、ウエット30gを強制給餌。

その後、少し嘔吐してからの口呼吸。

本来、鼻呼吸の猫が口を開けてハアハアと呼吸をするのは異常なこと。

心臓や肺にトラブルがある場合が多い・・・という認識だったので

心配でしばらく様子見。

1時間ほどで落ち着きました。


そして、夜寝る前23時ごろに少量のカリカリをふやかして強制給餌。

0時過ぎくらいから、また口呼吸が始まり、

かなり苦しそうに、ゼイゼイと言ってる感じ。

落ち着くまで見守り・・・


明け方、4時ごろ

口内炎を気にして、右奥歯をしきりにカシカシやっていたかと思ったら

またしても、口呼吸でかなり苦しそう。。


最初はいつもの寝床のホカペに居たけど

寒い部屋の方へ行きたがり

暖房もない部屋の隅でうずくまり頻繁な口呼吸。

手足を伸ばしたり、体をねじったり。。


1時間くらい苦しそうな状態が続いてから落ち着いて

定番の布団の上の寝床に移動。

少し口呼吸はあるものの次第に落ち着き・・・・・朝。


朝一で病院へ・・

診断の結果、神経からくるものだろうということでした。


診察中に、右奥歯をカシカシと噛みしめる症状が出たので

目、口(口内炎)、耳などを見ていただき

口内炎は気にするほどのひどさではない。

カシカシするのと同時に、右方向に首を傾げ右目もつむったままなのが

神経から来てる異常だということでした。


で、神経から来てるということは

どこかの血管のつまりや脳の神経の異常から来てると思われるが

それを明確にするための検査は、大学病院でのMRI検査が必要だけど

ももの腎臓や心臓、年齢を配慮すると

リスクも高くなるので、このまま注射と飲み薬での治療となりました。

皮下注射3本と飲み薬1日朝晩2回 1/2錠 7日分。

あと、発作が起きて体をバタつかせた時にする座薬。

1回目を入れてから、20分以上症状が改善されなければ2回目を入れる。

1回に付き2本が限度。1日に3本まで可能だそうです。

ちなみに、心臓、肺の異常はそれほど見られませんでした。




DSCN8657_01.jpg

病院から帰って来て日向ぼっこももしゃん。





DSCN8656_01.jpg

ひどい目にあったニョよ。


私も心臓が口から飛び出しそうなくらいドキドキしたよ。


絶対に、精神的なストレスで口呼吸になったと思ってたから

多分、ストレスの原因であろう・・強制給餌も投薬もこれからは出来なくて

ただ見守ることしかできなくなるのかなと腹をくくっていました。

全部、私がやりすぎたせいだと・・思っていました。


もともと今後もし、ももに別の病気が発覚して腫瘍系の病気だとしたら

もう、治療はしないと決めてます。

今までさんざん頑張ってきたのだからもういいのかなと。


とりあえず、備忘録として記事にまとめました。




       
腎不全・・・あれこれ

「ペットチニック」

2019/11/15 Fri 20:04

10月末の血液検査

貧血ギリギリの数値になってしまったももに

こんな鉄分のサプリを始めてみました。



「ペットチニック」です。



DSCN8443_01_20191112205316518.jpg DSCN8446_01_20191112205317256.jpg

別添えで0.5ml単位のメモリがついたスポイドが付いてます。

このスポイドは、そのままふたにもなるので

元々の白いふたは捨ててます。


ただ、この白いふた、本当に開けづらいんだよ。

ふたを押さえながらとか、引っ張りながらとか

いろいろやってるうちに開いちゃうんだけどね。 ←え”?


このスポイドで、そのまま飲ませることも出来ますが

ももには苦手な味のようで泡をふいちゃうので

ごく少量のウエットに混ぜて強制投薬してます。


ただ、慢性腎不全が原因の腎性貧血には

一般的な鉄剤のサプリでは、効果が出ないと言われてますが

今回、飲ませてみることにしました。





DSCN8558_01.jpg

鉄分の他にも、ビタミンも入ってるしね。

他のサプリと一緒に、ウエットに混ぜれば全然バレないし。


まあ 今さら感、満載だけど。。。



ってことで週末です♪

朝晩すっごく寒くなりそうなので

どちらのお猫さまも飼い主様もぬくぬくしてお過ごしくださいね。




       
※週末なので、コメント欄おやすみしますよ※
腎不全・・・あれこれ

歯肉炎、口内炎のこと。

2019/10/31 Thu 20:25

昨日の通院時に

ももの歯肉炎、口内炎のことも、少しお聞きしました。

一般的なウィルス性の口内炎に効く、ウィルスを減らすお薬はあるそうですが

腎不全からくる、腎不全を表す症状のひとつとしての口内炎には

効果のあるお薬はないそうです。

サプリメントで緩和される場合もあるけど

完治はしないようです。


ももの場合、痛み止めを月一で注射してもらうことになったけど

口の中の違和感は解消されないので

いわゆる、カシカシと歯ぎしりのような仕草はなくならない。


今のところ、口臭やよだれという症状は出てないので

今のままの現状を維持させるのが目標・・ってことになります。


歯肉炎、口内炎に効果のあるサプリメントも

以前、このことを記事にしたときに

皆様から、いくつかアドバイスも頂きました。

今回、先生にもお聞きして効果の期待できないものや

「犬用」とされているものを使う時は注意が必要など

いろいろお話を伺いました。


ただ、動物病院の先生方は

医薬品の専門家で、サプリメントはいわゆる専門外。

サプリメントを与えるのは、全て飼い主さんの自己責任になります。


もしかしたら、服用中の医薬品と相性が悪い成分がある場合もあるので

特に持病のある仔は成分などを

かかりつけ医に確認してから、お使いになることをお勧めします。



今年は、目の角膜が傷ついたことから始まった目の黒いシミ

心臓バイオマーカー で発覚した肥大型心筋症。

そして、今回の歯肉炎、口内炎。

持病の慢性腎不全の悪化。

猫も、年をとり持病が出てくると人間と一緒で

ケアも大変になってきます。



今回の血液検査の結果に対して

皆様には、いろいろご心配いただき、また励ましのお気持ちが

とても有り難いと思ってます。

頑張る励みになってます。(*^-^*)

今後もいろいろあると思いますが、温かい目で見守って下さいね。


さってと、明日から11月ですね~

明日は、前月の一ヶ月のまとめ「10月のまとめ。」の予定です。




       
腎不全・・・あれこれ | コメント(7)

嘔吐・事情。

2019/10/29 Tue 20:30

昨日の「ごはん事情」の記事に少し追記を・・・


ごはんを食べないことで

嘔吐にも拍車がかかってる感じもあります。

それでなくても、腎不全の仔は胃が荒れやすく

嘔吐もしやすい訳ですが

食べないことで、胃液を嘔吐することがかなり増えました。


10月は、ほぼ毎日のように胃液嘔吐あり。


でも、お水は飲みたいようで飲むんだけど

胃が空っぽの状態でゴクゴク飲むから

胃が刺激されて、直後に水も嘔吐してしまう。

毎回じゃないけど、これも増えてしまいました。

それを少しでも緩和させるために

気付いた時に、出来るだけぬるま湯を口元まで持っていってあげたり・・

まあ、水に関してはそれくらいしか手立てがないのですが。


あとは、トイレで踏ん張ったあとの嘔吐。

ごはんを食べないので、うんチョスも毎日は出ない。

3日に1度とかになると、どうしても固めのうんチョスになりがちで

トイレで踏ん張らないと出ない。


便秘解消の為に、乳酸菌や食物繊維のサプリは朝晩与えてるけど

固めだなと思って多めに与えると

今度は、ゆるくなってお尻が汚れてしまう。

ももは、長毛まではいかないけど

お尻周りの毛も、モッサモサでゆるいと汚れちゃうのよ。

なかなか加減が難しい。。


目の黒いシミも治りそうな雰囲気はないし・・

少し前、先生に目が完治するのは年単位だと言われたしね。

歯肉炎も・・・

相変らず、奥歯をカシカシ噛みしめてる感じもあって

お試しで、それ用のサプリを与えてるけど、あまり効果は出ていないような・・


ふうぅ。。


ま 最近はこんな感じですわ。

でも、ダイジョブよ!

負けないから。


・・・ってことで

明日は、いつもの定期・血液検査もかねて病院へ行ってきます。

11月初旬の予定だったけど

病院の連休があるので急きょ前倒しで通院です。



       
腎不全・・・あれこれ | コメント(5)

ごはん事情。

2019/10/28 Mon 20:25

最近のももしゃんのごはん事情・・・


ドライは、朝10g食べれば多いほうで

その後は、どんなにお勧めしても食べず。

お気に入りだった、夕ご飯のウエットのメルミル・介護用も

自力率、急降下。


ってことで、週末は強制給餌に励むことにしました。



DSCN8250_01.jpg

左から、

メルミル・介護用 高栄養 なめる栄養食・15歳  なめる栄養食・18歳

が、重宝してます。


介護用は夕食用、15歳以上と18歳以上は食間の強制給餌用。

ももの強制給餌は、基本指に付けて口に入れるというやり方してます。

なので、夕食の介護用も、自力で食べない時は指に付けて強制給餌。

15歳以上は、介護用よりも少しゆるめだけど

なんとか指に乗るので、同じく指に乗せて強制給餌。

18歳以上はゆるすぎて指には乗らないので

シリンジで与えてます。


ほとんど固形物がなくクリーム状の18歳以上は、シリンジでも吸えます。

量は、1回当たり1/2袋で20gが限度。

1回1袋40gにすると、多すぎて時間がかかるので嫌がり始めます。

なので、欲張らず地道にやってます。


もちろん、キドナも朝晩各5~8gをシリンジで。


週末は、昼間も強制給餌が出来るので

朝、キドナ8g (40kcal)

朝と昼の間 メルミル15歳 20g (20kcal)

昼 メルミル15歳 20g (20kcal)

夕 メルミル介護用 1袋30g (40kcal)

寝る前 キドナ8g (40kcal)


こんなスケジュールにしてみました。 (1日合計 約160kcal)


平日は仕事で昼間はできないので

朝 キドナ8g (40kcal)

夕 メルミル介護用 1袋30g (40kcal)

夕と寝る前の間 メルミル15歳 20g (20kcal)

寝る前 キドナ5g (25kkal)

1日合計 約125kcal


ももの様子を見ながらのスケジュールです。


ドライを少しでも食べてくれれば

強制給餌も減らせるんだけど

どこまで頑張らせるか

いろいろ考えてしまうけど難しいところです。



       
腎不全・・・あれこれ | コメント(5)
 | HOME | Next »